So-net無料ブログ作成

高血圧と塩分の関係は? [高血圧の改善]

高血圧と塩分の関係

塩分を摂り過ぎるというのは、高血圧になりやすいなどと
言われていますが、全ての人に関係していません。

実は、食塩を取っても血液が上がる人、上がらない人が
いるんです。

・食塩を取ると血圧が上がる人=「食塩感受性」
・食塩を取っても血圧が上がらない人=「食塩非感受性」

つまり、食塩非感受性の人はいくら塩分をとっても血圧が
上がりません。

ちなみに日本人の食塩感受性の割合は以下の通りです。

食塩を取っても血液が上がらない  50%
食塩とその他の要因で血液が上がる 30%
食塩を取ると血液が上がる     20%

このような結果になっています。

更に高血圧と食塩の関係についてご説明します。

>>たったの3日でも血圧が下がる!【藤城式食事法】



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。